肩男を使い倒せ

自分の経験を好きに利用して下さい

水泳でも中間管理職はあります。先輩後輩に挟まれている人あるある

 
 
今回は僕がスイミングスクールで先輩後輩の対応が大変な中間管理職として辛かったことについてお話ししていきます。
 
一般に中間管理職とは主に会社で30台〜40代くらいの中間層の管理職のことを指します。
 
 
僕の場合は会社ではなく、水泳ですが大変な気持ちが凄く理解できました。
 
 
 
ポイントとしては
 
 
・上司(先輩)の言うことには従うしかない
・後輩よりも前へ行くのが当然
・たまに後ろに並ぶとコーチから先頭へ任命される
 
 
 
という3つです。
 
 
 
まず僕の状況としては
1個上、1個下に数人ずつ先輩後輩がいました。
先輩はみんな自分よりも速いか同じくらいで後輩は自分よりも少し遅い。
 
そんな環境だった為、先輩を立てて、後輩を引っ張る立場でなければと思っていました。
 
特に先輩方とは他校だったことや、高校からの付き合いの為、スクール特有の兄弟感は一切ありません。
 
 
その先輩方はみんな人としても見習うことばかりで選手としても尊敬していました。
 
 
 
それゆえに先輩の頼みは断りにくい。
 
逆にこちらの頼みは断られやすい。
 
 
 
基本的に
 
先輩『前頼むわ〜』
僕   『わかりましたー!』
 
僕    『前お願い出来ますか?』
先輩 『いや〜、頼むわ』
 
 
 
という2パターンの為、結局先頭を泳ぐことになりました。
 
後輩は勿論、怪我をしているか具合が悪くて確実に遅い時以外は後ろをキープしています。それだけならまだしも、みんな実力が近いので、平気で追いついてきます。(基本的に先輩後輩とも5秒間隔なので) 
 
後輩は特に2人の時でも、5秒間隔で2秒前スタートからのダッシュをかけてきて追いつくので凄くイライラしてました笑笑
 
ぴったりと追いつくと長距離になるほど楽に泳げます。
 
それを当然僕も理解しているので、毎回楽しようとする+足を触ってくる後輩をシバきたいと思っていました笑笑
 
本人が辞めない限り防ぐ事は出来ないので2年間耐えました泣 
 
 
 
スクールと部活の両方共一緒だったので
逃げようがありませんね笑(たまたま同じ高校でした)
 
さらに極め付けは
月1くらい先輩が好きな練習のときに先輩に前に行ってもらった時(奇跡)は喜んで後ろへ回ります。
 
しかしコーチが毎回先頭を泳ぐ僕を許してくれません。
 
 
 
コーチ『じゃあkaTaoこっちのコースの先頭な!』
 
  僕     『ハ、ハイ!泣(Oh,my...gosh)』
 
 
 
という流れで先頭からは逃れられませんでした。
 
中間管理職とは大袈裟ですが、企業の方たちも同じように大変なんだろうなと思っています。(企業なめんな笑)
 
以上中間管理職の苦悩でした。
 
 
 
こういう状況の人って結構いると思うので共感していただけたのではないでしょうか?
 
 
ご意見、リクエストお待ちしています。