肩男を使い倒せ

自分の経験を好きに利用して下さい

水泳のクイックターンが簡単に出来るようになる3つのコツ

 
 
クイックターンってガチガチの水泳選手意外の方は習わないし見た感じ難しそうですよね。
 
そこで今回は明日から実践できるクイックターンのコツを説明していきます。
 
このポイント解説はクロールを泳げることを前提としています。
全く水泳をしたことがない人やクロールが泳げない方向けではないことをご了承ください。
 
 
まずポイントは大きく分けると
 
 
 
の3つです。
 
 
 

1, ボール投げの動作

 
まずボール投げの動作って意味不明ですよね笑
でもこれは回る為に勢いがつき、途中で止まることを防ぐ為に必要なものです。
 
具体的に説明します。
当然、ターン前までは普通に泳いでいますよね。ターンするからって緊張するかと思いますが、深く考えることはありません。回る直前(壁から2メートルくらい)になったら利き手ではない方の手を後ろにかいた後、太腿の横に置きます。
 
反対に利き手側はボール投げの動作のように大きく空中をスイングして親指から入水しましょう。
 
これで第1ステップは終了です。
 
 
 

2, 目が自分の腹を見ている

 
これは顎を引き、首を大きく曲げて自分の腹を見るような姿勢をとるという意味です。
すると自然と身体がUが横に倒れた様な姿勢になります。
 
これで第2ステップは終了です。
 
 
 

3, 椅子に座って腕をストリームライン

 
これは文字通り、椅子に座流ような姿勢で腕はストリームラインの姿勢をとります。
膝の角度は壁に足の裏をつけた時に70度〜90度になるイメージ。(個人差があるので蹴りやすい角度を探しましょう)
 
それと同時に上を向き、上半身が水面と並行になるように。腕はストリームラインの姿勢で。
 
これで全てのステップは終了です。
 
あとは壁を蹴るだけです!!!
 
 
 
補足として、クロールの場合蹴ったあとに下向きに反転する必要がありますので忘れずに。
 
 
まとめると
ターンのコツ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ボール投げの動作
・目が自分の腹を見ている
・椅子に座って腕はストリームライン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
の3つのみです。
 
これが出来れば、今までうまく回れなかった方でもとても短時間で出来るようになります。
 
以上クイックターンを簡単に出来るコツのポイント解説でした。  
 
 
リクエスト随時募集中です。