肩男と語ろう

少し水泳に詳しいお兄ちゃんです

中学時代赤髪に長ランだった話

 
 
皆さんこんにちは。
 
肩幅が異常に広い男kaTaoと申します。
 
本日はこのブログをご覧いただきありがとうございます。読み終えた後に少しでも役に立ってくれればいいなと思っています。
 
前回は僕の中学時代についてお話ししたと思います。
 
まだご覧になっていない方へ

 

katao.hatenablog.jp

 

 

 
今回は僕の中学時代のことの続きについてお話ししたいと思います。
 
 
 
 

1, 中1は普通の学ランだった

 
中学入学当初、いたって普通の新入生でした。
 
見慣れない校舎、初対面の同級生、新しい先生など自分にとって未知の世界に飛び込んだばかりの僕はとてもワクワクしていました。
 
小学生は6年間もあるので後者はもちろん、同級生も殆ど認知していて飽きつつありました。
 
そこから全く知らない世界に入ったばかりなので当然ワクワクしました。
 
入学直後の思い出は2つあって、
 
1つ目は新クラス表をもらった時に自分の後の出席番号の名前が兄と同じ名前で学校のミスだと勘違いしたこと。
 
2つめは友達に押されてガチヤンキーの足を踏んで胸ぐらを掴まれたことです。
 
入学早々ヤンキーに目を付けられたと思ってヒヤヒヤした覚えがあります。問題を起こしたら水泳に響いてしまう為です。
 
後にそのヤンキーと仲良くなったので問題起こすことはありませんでした笑
 
中1の時、真面目に過ごしていた僕はヤンキーとは無縁の生活を送っていました。
 
さて、何故普通の新入生だった僕が中2になった途端長ランになったのか次の章で説明します。
 
 

2, 中2から長ランの理由

 
理由は1つ。
 
単純に身長が伸びるのと合わせて肩幅が発達したからです笑
 
中学入学時の時点では146cmしかなく、肩幅があっても中1までは170の学ランを着ていました。
 
170というと170cmの子が着る大きなサイズと思うかもしれませんが、そんなことはなく、平均的なサイズです。
 
それでも家族の中で自分だけ小さく、父親は180cmあったため
 
このまま身長が伸びないことも考えて平均的なサイズを買うしたのです。
 
しかし中2に訪れた突然の成長期。僕の身長は7cm伸び153cmとなっていました。
 
153って普通だろ?って思われるでしょう。
 
しかし肩幅が異常に広い男なだけあって、中2にして170cmが着られなくなったのです。
 
肩幅足りず、袖も明らかに短い。サイズが合っていないカッコ悪い着こなしになっていました。
 
170の代わりとして貰ったのが、兄の学ランの190
 
それが僕の長ラン時代を生み出しました。
 
 
 
 

3, 明らかに上下別人の服

 
こうして190の学ランを着ることになった僕は赤髪の長ランとなりました。
 
肩幅は丁度良く自分の感覚的にはフィットしてると思っていましたが、側から見たら明らかにサイズが合ってない。
 
上半身は長い丈に長い袖、痩せ型だった僕のお腹周りはもう1人分空いていました。
 
それに対して下半身はジャストフィット。平均的なサイズなので全く違和感がありません。
 
しかし上下合わせてみると違和感しかない笑
 
学ランのサイズだと分かりにくいと思うので当時着ていたウィンドブレーカーのサイズを見てみました。
 
『上半身L、下半身SS。』
 
これからわかる通り、上下分けると完全に別人の服に見えるのです。
 
今でも覚えている電話でジャージを注文したあの時。
 
僕 『すいません、サイズなんですけど上がLで下はSSでとお願いします。』
 
店員さん『えっ?もう1回言ってくれる?』
 
僕 『あ、はい。上がLで下がSSでお願いします。』
 
店員さん 『LとSS?それで大丈夫なの?』
 
僕 『はい大丈夫です。』
 
店員さん 『うーん、上がLなら下は小さくてもSの方がいんじゃないかな?』
 
僕 『あ、そうですかね…。(困)じゃあ…Sでお願い…します汗』
 
ということになりました。
 
相手からすると確かにおかしいと思いますよね。
 
実際に肩以外はブカブカで着ているのですから、本当ならS、大きくてもMくらいで揃えるはずです。
 
(その時の店員さん困らせてすみません。)
 
そのくらい僕の上下は別人的でした。
 
その頃よくやっていたイタズラは友人の学ランを着て、その上から190を着るというものでした。
 
ボタンを外し、ネタバラシする瞬間は相手の驚く姿を見て楽しんでましたね笑
 

4, 中2では前から5番目

 
153しかなかった僕は背の順で前から5番目になりました。
 
190の学ラン着たやつが前から5番目って…。
 
今思うとおかしい話です。
恐らく周りの人もそう思っていたでしょう。
 
周りに身長が置いていかれると身体能力も置いていかれるので、その頃は何度も挫折しました。
 
今まで勝てていた人に勝てなくなる。歳を重ねる感覚に似ていると思います。
 
 
 
 

5, 中3になると普通の赤髪へ

 
成長期が進み161cmとなった時には長ランもあまり違和感がなくなっていました。
 
少し大きかったですが別人のような体格をしていた以前とは違い、丁度良いくらいになっていました。
 
ズボンも縫ってあった余分な丈を加えたことも影響したと思います。
 
(その頃はジャージだと上半身L、下半身Mにサイズアップしていました笑)
 
何だかんだで赤髪の長ランはいつの間にか消え去っていましたとさ。
 
 
 
 

まとめ

 
どっだったでしょうか?
 
今考えると常識的に考えられないサイズ差ですよね笑
 
僕も、私も異常な体験をしたよー!って方が居ましたら是非コメントください。
 
秒でTwitterフォローします。
異常に肩幅広い人もお願いします!
 
本日はこの記事をご覧いただき、ありがとうございました。